大学の交換留学制度で海外への第一歩

subpage1

海外留学に憧れはあっても、そう簡単には一歩を踏み出せないもの。


言葉の壁や資金や、海外での生活の大変さを想像すると尻込みしてしまうのも無理はありません。

リクナビNEXT JOURNALの情報なら当サイトにお任せ下さい。

そんな人に海外での生活の第一歩としておすすめしたいのが、交換留学制度の利用です。

今日本では多くの大学が海外のどこかしらの大学と姉妹校であったり提携していたりして、お互いの大学に留学生を招いています。
この制度を利用すれば、自力で行くよりもかなり楽に海外で学ぶことが出来ます。まずは行く大学を自分の大学で納得いくまで調べることが出来るので安心です。
学校によってはいくつかの大学と提携しているところもあるので、自分の学びたいことが充実している大学を選ぶことが出来ます。そして、交換留学は日本の大学から派遣されての渡航なので、額はまちまちですが、補助金がもらえる場合もあります。
こちらも全ての大学ではありませんが、あらかじめ住むところを向こうの大学が手配してくれる場合もあり、通常ならとても大変な家探しを自分でしなくても良い可能性があります。


ただし、このシステムを利用するには日本の大学で複数の希望者がいた場合、その選考を勝ち抜かなければなりません。


自分のアピールポイントと熱意をしっかり伝えられるようにしましょう。

その姿勢は海外に行ってからも、必ず役に立ちます。



期間は数カ月から1年、2年と学校によって異なりますが、学ぶことはたくさんあるでしょう。

留学の有益情報にあふれているサイトです。

期間が終了して帰国後、また海外に行きたいと思った時にも、一度留学している経験が大いに自分を助けてくれることに間違いありません。

いまどきの教育

subpage2

留学の目的として、英会話の取得が挙げられます。ただ留学すれば良いのではなく、現地で何をするかが重要で、そのための行動が大切になります。...

next

納得の情報

subpage3

留学して海外に行くと必ず現地の人や他国から来た人に日本について質問攻めにあいます。自分の国の歴史や文化についてよく理解していると、他国の人と共有できる情報も多くなり、友好関係へ発展しやすくなります。...

next

教育のコツ

subpage4

留学は、自分の意志とお金、募集要項を満たしていれば誰でも挑戦することができます。かなりハードルが低く、さらに長期間滞在することができるので、日本では経験できないものを得ることができるでしょう。...

next

知りたい情報

subpage5

留学すれば英会話できるようになると思われていますが、ただ留学するだけでは残念ながらできるようになることはできません。英会話できるようになるためには、海外現地でどう生活するか、どう行動するかが重要になります。...

next